カードローンの金利体系は法律によって決まっている

Posted on by

カードローンの金利体系は、法律によってあらかじめ決められています。法律に従ってその範囲でのみ金利を設定することができるため、会社の好き勝手に設定して良いわけではありません。
一般の個人の消費者に対するカードローンの金利体系は、例外なく利息制限法という法律によって上限が決められています。利息制限法に金利の範囲が決められるのは、法改正によって決まったことであるためこの法律に従った金利の設定を行わない業者は行政処分の対象となります。利息制限法の金利体系は非常にわかりやすく、基本的に融資の金額に従って金利の上限が決められています。例えば、10万円未満の融資をするのならば20%の利息を最大で設定できますが、10万円以上の融資をするのならば18%の利息しか最大でも設定できません。これが100万円以上の融資となる15%の利息が限界となるため、カードローンの金利体系は融資の金額が大きくなればなるほど必ず上限が低くなるように設定されています。
もちろん、これは設定が可能な上限であるため、実際のサービスを利用するときにはこれ未満の金利でサービスを提供されることもあります。中には金利を設定せずにお金を貸してくれるサービスもあるため、会社によってもカードローンの内容は変化すると知っておかなくてはいけません。
即日キャッシング|来店不要のカードローンはコチラ!

消費者金融の審査について基本的なこと

Posted on by

誰にでも急なお金の入用があるものですよね。そんな時に急に友人や知人に借りることが出来ればもちろん良いのですが、お金を借りるのは信用にもかかわりますし、頼まれる方もいい気はしないものです。そんな時に便利なのが、キャッシングサービスです。消費者金融の利用は、昔と違って今はとても便利になっており、審査も最短で30分で回答をくれるところもあります。金利も小口融資ならば、銀行系とあまり変わらないようになり、審査の速さや利便性では、大手の消費者金融の方が使いやすいくらいです。でも消費者金融の審査って、何をするのでしょうか。審査にあたっては、申込書を記載しなければいけません。会社によっても色々ですが、名前や性別、住所、家族構成、住居種別、勤務先、勤務先番号、勤務先住所、年収、他社での借入額、希望借入額などを記載します。記載された内容に基づいて、希望額も参考にしながら、いくらまでお貸し付けができるのかが判断されます。なんだか、人に審査されるのっていい気はしませんね。年収が低くて、恥ずかしいとか色々な気持ちもあると思います。でも、心配ご無用です。今や、コンピューターの時代ですから、どの会社もコンピューターシステムを導入しています。受付をする人は、ただあなたの記載した内容をパソコンで入力するだけです。その結果について審査をする人が見るのですが、日常様々な審査を行っているのですから、客観的に内容を確認するということになります。希望額に添えなかったとしても仕方がありませんが、それは会社のシステムの判断であることが多いです。
カードローンの滞納には十分注意を