tk6dxb5kカードローンの金利体系は、法律によってあらかじめ決められています。法律に従ってその範囲でのみ金利を設定することができるため、会社の好き勝手に設定して良いわけではありません。
一般の個人の消費者に対するカードローンの金利体系は、例外なく利息制限法という法律によって上限が決められています。利息制限法に金利の範囲が決められるのは、法改正によって決まったことであるためこの法律に従った金利の設定を行わない業者は行政処分の対象となります。

利息制限法の金利体系は非常にわかりやすく、基本的に融資の金額に従って金利の上限が決められています。例えば、10万円未満の融資をするのならば20%の利息を最大で設定できますが、10万円以上の融資をするのならば18%の利息しか最大でも設定できません。これが100万円以上の融資となる15%の利息が限界となるため、カードローンの金利体系は融資の金額が大きくなればなるほど必ず上限が低くなるように設定されています。

もちろん、これは設定が可能な上限であるため、実際のサービスを利用するときにはこれ未満の金利でサービスを提供されることもあります。中には金利を設定せずにお金を貸してくれるサービスもあるため、会社によってもカードローンの内容は変化すると知っておかなくてはいけません。