gcyfgvgyf友人や親戚に、お金を貸す時や反対に借りる場合もいくら親しくても借用書を用意することがお互いに安心できます。
この借用書の書き方は、一種の契約書になるので法的にも認められることが意味があります。
その書き方は、まず借主のみが署名・押印して、「本日○○借りました」と書面にするものです。
最近は、ネットから簡単にダウンロードをすることも可能です。

貸主と借主が署名し、双方が各1通ずつ保管します。これに連帯保証人がいる場合には3通用意して各自が保管しておきます。
パソコンなどで、作成することは大丈夫ですが鉛筆で記入することは無効になります。
署名は直筆で、必ず書いてもらいます。ただし、捺印は、拇印でも有効とされます。
契約年月日は、“”お金を貸し渡した日””になります。そして、最後に日付を明記しておきます。
この日付が、金利などの計算をする元になります。

金額の改ざんを防ぐため、金額は全て漢数字で書くことです。
例えば、1万円なら壱万円というように、改ざんができないようにしておきます。
返済期間・毎月の返済日と返済金額・返済方法なども同時に明記しておくとわかりやすくなります。
親しい間柄なら、借用書を作る事自体遠慮がちになりますが、お金の問題は後からは人間関係を壊す結果になりえます。
そのために、お互いで借用書を持つことで信頼ができます。