土地や物件といった不動産を担保にして融資を受けるサービスは不動産担保ローンと言われ、多くの事業者に利用されています。しかし、非常に多くの銀行やローン会社が存在しているため、失敗しないためには正しい選び方を押さえた上で賢明に選ぶことが重要です。
では、不動産担保ローンの選び方には一体どんなポイントがあるのでしょうか。まず是非とも押さえておきたいポイントの一つは、どこから借りるかという点です。一般に、不動産担保ローンを取り扱っているのは、銀行とノンバンクという二つの業者に分けることができます。それぞれのメリットやデメリットについてしっかりと理解しておくなら、選び方の点で失敗するといった状況を避けることができるでしょう。
銀行が取り扱っている不動産担保ローンには、何と言っても上限金利が低く設定されているというメリットがあります。もちろん、審査が厳しいという点はデメリットともなりかねませんが、価値の高い不動産を所有しており、なおかつゆとりある返済を望まれる方の場合、こちらを選ぶことができるでしょう。
それに対して、ノンバンクの不動産担保ローンには、申し込みの手続きが簡単にできることに加えて、審査が緩めであるというメリットがあります。そのため、ノンバンクならスピーディーな融資が期待できるという点も、大きな魅力と言えます。さらに、不動産の評価額によっても異なりますが、基本的には高額の融資も可能であると言われています。もちろん銀行と比較すると、金利が高めであるというデメリットもあるため、高額融資でなおかつ長期返済にした場合、利用者の負担は大きくなってしまいます。それで、しっかりした返済計画があり、あまり用途に縛られない融資を必要とする場合にはこちらの利用がよいとされています。
加えて、一言で不動産担保ローンと言っても、業者によって金利や手数料、サービスの質などに大きな違いがあるものです。それで、金利や手数料は当然のこと、融資までのスピードや実績などをじっくりと比較した上で選ぶようにしましょう。